会長挨拶

平成29年度会長 平野高史

平成29年度会長

平野高史

会長挨拶

平成29年度会長予定者として様々な会員メンバーとお話をしながら、会の運営方針について考えてきました。私としては、「みなさんは、何のために焼津YEGに入ったのか」「会に求めていることは、何なのか?」すなわち、個々の会員の焼津YEGへのニーズの抽出が大事だと考えています。
他単会の中には、「お祭りなどイベント設営による地域活性化」や「行政への政策提言」に取り組むなど、大きな事業成果を目指した取り組みを行っている所があります。それと比較すると、焼津YEGは以前は“緩い”活動を行ってきた経緯があり、一方でここ数年の会員数増加や組織ルールの高度化に取り組むなど、変化の過渡期であるといえます。

我々は全員が各事業所の経営者・リーダーであり、「自社の発展」を目指して日々努力しています。そんな同じ地域で頑張っている経営者同士が交流を深めれば、自然と情報交換が進み、さらには仕事上の連携に繋がると考えます。今年度は、焼津YEGを若手経営者同士の交流プラットフォームとしての機能をさらに高めたいと考えます。また、経営者は常に様々な分野から情報を得て、そこから学びを得る必要があると考えます。本年度は、徹底的に研鑽・学習の場を提供していきたいと考えます。

そこで、今年度は月1回程度の頻度で「例会」を開催することに挑戦します。具体的には、①1時間程度の持ち時間を各担当委員会による企画で、メンバーの研鑽・学習の場を提供②「役員会報告」など委員会実施内容を例会で実施、することを計画しています。委員会機能を例会に持たせることで、出席率のアップも狙っています。また、各会員の事業所PRタイムを設けるなど、みなさまの商売繁盛に繋がる企画も行っていきたいと思います。

また、今年度は平成30年度の静岡県青連主管の準備に充てる年でもあります。連合会の一員として、焼津のおもてなしで他単会を迎えられるように、単会事業と並行して取り組んでいきます。具体的には、年3回開催の「若手経営者等育成事業」の設営を担当することになり、その1回目は今年度中の平成30年2月開催となります。その中身は「役員会など会議」「総会など式典」「講演会」「懇親会」に大別されます。我々自身も参加することで、「他単会メンバーとの交流」「講演会・情報収集による研鑽」をしていきましょう。
そして、平成30年度は焼津YEGの創立20周年を迎え、さらに平成31年には全国大会沼津大会が控えています。これまでの諸先輩方の活動成果を活かし、今後の会の運営に良い形でバトンを渡せるよう、今年度の運営に取り組んでいきます。

私自身、今年一年間は「たくさんのメンバーと話す」「様々な研鑽を体験する」こと、そしてその先には会員メンバーのビジネスが成長するシーンに数多く出会いたい、そんな思いで取り組んで参ります。